stack newで新しくプロジェクトを生成した際に予め用意した`.ghci`フ...

stack newで新しくプロジェクトを生成した際に予め用意した.ghciファイルも自動的にそのプロジェクトに入れておく方法ってありますか?

 
:set prompt "> "
 :seti -XOverloadedStrings
 :seti -XScopedTypeVariables
 
 :set -Wall
 :set -fno-warn-type-defaults
 
 :set -DGHCI
 :set +s
 :set +t
 
 :set -package pretty-simple
 
 import Text.Pretty.Simple (pPrint)
 
 :set -interactive-print pPrint


プロジェクトを立ち上げる毎に自分のwikiから.ghciファイルをコピペするのが面倒なんです。かといってグローバルに設定すると色々問題がありそう(どのPreludeを使ってるのかわからなくなるとか)。

Replies

stack newで新しくプロジェクトを生成した際に予め用意した.ghciファイルも自動的にそのプロジェクトに入れておく方法ってありますか?

 
:set prompt "> "
 :seti -XOverloadedStrings
 :seti -XScopedTypeVariables
 
 :set -Wall
 :set -fno-warn-type-defaults
 
 :set -DGHCI
 :set +s
 :set +t
 
 :set -package pretty-simple
 
 import Text.Pretty.Simple (pPrint)
 
 :set -interactive-print pPrint


プロジェクトを立ち上げる毎に自分のwikiから.ghciファイルをコピペするのが面倒なんです。かといってグローバルに設定すると色々問題がありそう(どのPreludeを使ってるのかわからなくなるとか)。

テンプレートに.ghciを含めておくことはできるかと思います。
stackのconfig.yamlでdefault-templateという項目を設定しておけば、デフォルトで使うテンプレートを指定できるみたいです。
https://haskell.e-bigmoon.com/stack/tips/config-yaml.html

できました!

ありがとうー!